キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

デリケートゾーンの毛を薄くしたいけど、手入れの仕方が分からない

そんな人も多いのではないでしょうか?

今回はそんなデリケートゾーンの毛を自分でカットする方法や脱毛の仕方についてみていきたいと思います。

「愛されるカラダになりたい!」という人は下記をクリック♡↓ キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア
スポンサーリンク

デリケートゾーンの毛のカット方法

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

アンダーヘアのカット方法にも色々ありますが、次のような方法が一般的だといわれています。

はさみで切る方法

(メリットとデメリット)

手軽でコストをかけずに処理できるのがこの方法でしょう。

思い立った時にすぐできますし、処理に時間もかかりません。

ただ、毛先が鋭くカットされるので、下着や水着から毛が突き出てしまったり、毛先がお肌を刺激してチクチクすることがあります。

慣れないと上手く切ることができず、毛の長さがバラバラになってしまうことも多いといわれています。

(キレイに処理するコツ)

はさみは一度に切れる量が多いので間違えると取り返しのつかないことになります。

不自然な形にならないよう、まずは目指したいアンダーヘアをイメージしましょう。

Vライン→Iライン→(必要であれば)Oラインの順番に切るのがポイントで、この順できる事によって全体の毛のバランスが良くなります。

また、IラインやOラインは見えにくいので切りたい部分を鏡に映しながら切るとやりやすいです。

間違ってもハサミの刃が当たったり皮膚を切らないように注意して下さい。

電動トリマー(発熱線カット方式でないもの)で切る方法

(メリットとデメリット)

多くの毛を一度にカットでき、スピーディーに処理ができます。

簡単に長さをキレイに揃えることが出来ますが、はさみでの処理と同様に尖った毛先が水着や下着から突き出しやすいです。

(キレイに処理するコツ)

暖めたタオルをビキニゾーンに押し当てて数秒してからカットすると、ムダ毛が蒸れて柔らかくなり切れやすくなります。

カットの仕方としては、指で一部のムダ毛を摘まんで程よい長さのところにシェーバーを入れ、鏡を使いながら細かい箇所までしっかりカットします。

ヒートカッター(発熱線カット方式のもの)で焼き切る方法

(メリットとデメリット)

熱によるカットなので、毛先が丸くなりチクチク感がなく、下着からもヘアが突き出しにくいのがメリットです。

デメリットは、一度にたくさんのヘアを素早く処理できないということです。

(キレイに処理するコツ)

少量の毛をつまみ、なるべく塊にならないように熱線にあてて熱が伝わりやすい状態にしてカットするのがポイントです。

スポンサーリンク

線香で焼き切る方法

(メリットとデメリット)

線香の火を消して赤くなった先端でアンダーヘアを焼切る方法です。

カット断面が丸くなるため、チクチク感もなく下着からヘアが突き出しにくいのがメリットです。

ただ、時間がかかりますし、やけどの危険を伴うのであまりおすすめできません。

(キレイに処理するコツ)

毛が濡れていると上手く焼き切れないので、乾いた状態で1本づつ丁寧に焼くとキレイに切れます。

カミソリで剃る方法

(メリットとデメリット)

簡単に処理できますが、他の方法以上に肌を傷つけてしまうというデメリットもあります。

肌が荒れてしまったり、炎症を起こしてできものができることが多いのであまりおすすめできません。

(キレイに処理するコツ)

3~4枚刃のジレットやビーナスなどの女性用カミソリを使って、ハサミなどである程度長さをカットした後に処理を行います。

入浴後や蒸しタオルで毛を蒸らして柔らかくした後に処理するとキレイに剃ることができます。

毛抜き・ピンセットで抜く方法

(メリットとデメリット)

抜くだけなので処理は簡単ですが、肌へのダメージが大きく、傷口から雑菌が入り化膿する場合もあります。

また、1本1本手で抜いていくので非常に時間がかかってしまうというデメリットもあります。

(キレイに処理するコツ)

ハサミでカットしてから抜くと、残っている部分の毛が見えやすくなりキレイに処理できます。

理想の毛の長さは?

短くしすぎると見た目が不自然ですし、肌触りもチクチクしてしまいますよね?

かといって、長すぎても毛を切った意味がありません。

一般的に、デリケートゾーンの理想の毛の長さは「小さめのショーツや水着を履いた時に毛がはみ出したり、飛び出たりしない長さ」だといわれています。

どの長さにしていいのか分からないという人は、小さめのショーツや水着を履いてみて、はみ出た分の毛の長さや範囲に目星をつけて処理していくと良いでしょう。

毛を切ったらショーツや水着を履いて、はみ出している毛がないか確認し、必要であればさらに毛を薄く処理していきます。

欲張って一度にたくさんの毛を処理しようとすると失敗することが多いので、一度に処理する毛は少なめにしましょう。

「愛されるカラダになりたい!」という人は下記をクリック♡↓ キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア

デリケートゾーンの毛がかゆい時の対処法

はさみや電動トリマー(発熱線カット方式ではないトリマー)を使って処理した場合、毛先が尖って肌に当たりかゆいですよね?

そんな時の対処法は2つあります。

1つは毛が伸びて毛先が細くなるまで待つというもので、2つ目はヒートカッター(発熱線カット方式のトリマー)を使って毛先を丸くする方法です。

毛が伸びるまで待つのは時間がかかりますし、待っている間も不快感は続くので早くどうにかしたいですよね?

そんな時はヒートカッターを使ってササッと毛先を丸くしちゃいましょう。

毛先が丸くなることでチクチク感もなくなりますし、下着や水着の繊維から飛び出す事もなくなりますよ♪

脱毛エステ・クリニックが一番キレイに処理できる!

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

ここまで、自分でできるデリケートゾーンの処理方法をみてきましたが、美しく安全に処理したいのであれば脱毛サロンや脱毛クリニックを利用しましょう。

特に永久的に脱毛を考えている人にとっては時間や手間が大幅に省けるのでおすすめです。

Vライン・Iライン・Oラインを脱毛エステや脱毛クリニックで脱毛する場合は「できる範囲で自己処理してきて下さい」と言われることが多いと思います。

その場合は、目の届く範囲でハサミを使って処理しましょう。

プロに処理をしてもらうと、見落としがないのでキレイに除毛できますし、自分でやるよりツルツルになります☆

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

ちなみに、VIO脱毛で失敗したくない人は医療レーザーで永久脱毛できるアリシアクリニックがおすすめです。

初月と2ヶ月は0円で処理をしてもらえますし、全顔脱毛も1回ついてきます。

ローションや保湿クリームなどは1人1人の肌状態に合わせて使ってくれますし、月額9,500円で丁寧な脱毛ケアが受けれるのでコスパも良いです。

見違えるほど肌がツルツルになるので、カラダに対する自信が出てきますよ☆

(こんな人におすすめです)

・コスパがいい全身脱毛を探してる人

・痛みがない脱毛を望んでいる人

・VIO脱毛が初心者の人

・丁寧な説明と処理をして欲しい人

「愛されるカラダになりたい!」という人は下記をクリック♡↓ キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア

まとめ

デリケートゾーンの毛の処理方法をみてきましたが、自分では見づらい場所だけに処理にはかなりの手間と時間がかかります。

自己流でやって肌を傷つけてしまう危険性もあるので不安な人は脱毛クリニックやエステを利用すると良いかもいしれません。

家で処理するより格段にキレイに仕上がりますし、アフターケアもきちんとしてくれるので黒ずみも防ぐことができます。

早くデリケートゾーンをキレイにして可愛い下着や水着を着たいですね☆

スポンサーリンク