キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

お泊りや海に行く前に、絶対処理しておきたいのが下の毛。

ボーボーに生えていると引かれますし、清潔感もなくなります。

ここでは、そんな「デリケートゾーンの下の毛をハサミで処理する方法」についてみていきたいと思います。

「愛されるカラダになりたい!」という人は下記をクリック♡↓ キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア
スポンサーリンク

はさみで毛を処理する前にしておきたいこと

デリケートゾーンの毛をハサミで処理する前に、まずは「どんな形に整えたいのか」を考えて見ましょう。

理想とする形をイメージすることで、カットの仕方も変わります。

ちなみに、デリケートゾーンの毛を初めてはさみで処理するという人はこちらの画像を参考にしてみてください。

これは一般的なアンダーヘアの形だといわれています。

どういう風に切ったらいいのか分からないという人は、この中で気に入った形を見つけてイメージして切っていくといいかもしれませんね。

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

スポンサーリンク

男性はどの形が好きなの?

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

できたら、あそこの毛を自分が納得できる形に整えた上で、パートナーにも喜んでもらえるといいですよね?

デリケートゾーンの製品を数多く扱うLCコスメの「教えて!みんなのアンダーヘアケア」調査によると、男性のアンダーヘアに対する意見は次の様になったそうです。

1位:少し切る・剃る程度がいい(44.3%)

2位:少し抜く程度がいい(25.3%)

3位:エステなどでケアしているのがいい(11.5%)

5位:全て剃っているがいい(5.3%)

この結果をみると、少し処理しているのが言いと答えた男性が70%近くいることが分かります。

また、毛の性質に関しては次の様な結果が出たそうです。

1位:しっかり整えている方が好き(15%)

2位:うすくてふわふわ(32.9%)

3位:ツルツルに近いくらい少ないほうが好き(15.3%)

ここでは、処理をしている方が好きな男性が63%と多数派です。

女子力が高い人ほどきちんと手入れをしているも何となく頷けますね!

そして、男性が最も好きなアンダーヘアの形としては「卵型」がダントツの1位でした。

確かに卵型は丸みを帯びていて女性らしいですし、なんだか守ってあげたい感じもしますよね♥

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

参照:スキンケア大学

デリケートゾーンの毛をハサミでキレイにカットする方法

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

では早速、デリケートゾーンの処理をはさみで行う方法をみていきましょう。

1.理想のマン毛をイメージし、サイドの余分な毛を処理していきます
 
 ※まんげの横の部分と脚の付け根に間に、最低でも指1本分のスペースを作りましょう。こうすることでVラインと脚の境界線がハッキリして、全体のバランスが良く見えます。

2.次に長さを調節します。間違って皮膚を切ってしまわないように、少しずつ慎重に切っていきましょう

3.最後に全体のボリュームを調節します。左手で陰謀を少しずつ手に取り、右手に持ったはさみで少しずつすいていきましょう

4.自分の目線(上から)見ておかしいところがなければ、手鏡を持ってもう1度、形とボリュームを確認しましょう

5.卵型など、カーブを付けたい時は、ハサミを寝かせるように持って切ると、肌を切る心配もないですし、自然なカーブを作れます

デリケートゾーンの毛をハサミで処理する時の注意点

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

ハサミは手軽に使えますし、コストがかからないで良いですよね?

ただ、はさみを使うときにはいくつかの注意点があります。

ハサミは使い慣れていないと、間違って肌を切ってしまう可能性があります。

肌が傷つくと炎症や色素沈着(黒ずみ)を招いてしまうので、せっかくキレイにしたいと思って行った処理が逆効果になってしまいます。

また、はさみで毛をカットした場合、毛先が鋭くなってしまい、チクチクしたり痒くなったりすることも。

デリケートゾーンは言葉の通り、非常にデリケートな部分なので、私たちが起こっている以上にダメージに対して敏感です。

毛先のチクチクが肌を刺激して炎症を起こすことがありますし、自分的にも不快ですよね?

そんな炎症や色素沈着、不快感最小限に抑えるためにも、はさみは慎重に使い、下の毛をはさみで処理した後は毛先をヒートカッターで丸めるようにしましょう。

デリケートゾーンの毛はプロに任せよう!

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

手軽で安く使えるハサミですが、肌へのダメージとチクチクした不快感をなくすためにも、自己処理は最低限に抑えるのがベストです。

キレイに脱毛したい、チクチク感が嫌な人は思い切ってエステで脱毛するのも良いでしょう。

Vラインは毛が濃くレーザーや光が反応しやすいため、レーザーやエステ効果を最も実感しやすい場所だといわれています。

大体3回くらい通えば驚くほど自己処理が楽になりますし、綺麗になれば一生自己処理をする手間がなくなりますよ☆

まとめ

デリケートゾーンの毛の処理をはさみで行うと簡単ですが、肌へのダメージや怪我などのトラブルも多く聞きます。

大事な部分だけに、多少お金がかかってもキレイに処理していきたいですよね?

エステやクリニックの場合、毛の根っこの部分に直に働きかけるので、毛がスルッと抜け見た目もキレイになります。

ボリュームもふわふわに調整ができるので、あれこれ自分で考えている時間と手間も省けますよ♪

「愛されるカラダになりたい!」という人は下記をクリック♡↓ キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア
スポンサーリンク