キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

デリケートゾーンに粉瘤らしきものができた

こんな経験をした人もいらっしゃるのではないでしょうか?

放っておくと大きくなったり痛くなったりして日常生活に支障をきたすこともあるので、早めに対処していく必要があります。

ここでは、そんな粉瘤の見分け方と受診すべき科についてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

粉瘤とは?

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

別名「アテローム」とも呼ばれる「粉瘤(ふんりゅう)」は、皮膚の下に袋状の良性腫瘍ができ、その中に剥がれ落ちた角質や皮脂が溜まることにより発生します。

自然に消えることはなく、垢や皮脂がたまっていくことで大きくなります。

また、しこりを絞ると油のように白く、臭いものが出てくることもあります。

溜まった角質や皮脂に菌が繁殖すると、化膿して赤く腫れあがったり痛みを感じることがあります。

粉瘤は腫瘍であるため、セルフケアでは治すことができず外科的に取り除く必要があります。

粉瘤とにきびの違いは?

粉瘤はニキビとよく似ていますが、見分けるポイントは「毎回同じ場所にできるかどうか」。

粉瘤の場合は、いつも同じ所にできて毛穴がくぼんでいます。

最初は小さくて気にならなくても、大きく腫れあがり強い痛みと熱を持つことが多いといわれています。

治ったと思っても何度も何度もしつこくできる場合は粉瘤の可能性を疑いましょう。

スポンサーリンク

デリケートゾーンに粉瘤ができたら何科に行けばいいの?

デリケートゾーンの粉瘤は、形成外科、整形外科、皮膚科、美容皮膚科、婦人科などで診てもらえます。

できている場所や症状によって他の科を受診するようにいわれることもありますが、まずはご自身の安心できる上記いづれかの科にかかってみると良いでしょう。

粉瘤の治療法は?

放っておいて治ったように見えても再発を繰り返してしまうため、完治させるには手術が必要です。

手術は表面の皮膚を切って膿を外に出し、数日後に炎症が落ち着いたら摘出手術を行うのが一般的です。

粉瘤は命にかかわるような病気ではないため、炎症を起こしたり大きくなるまで放置する人がいますが、小さい方が切除手術の傷も少なくて済むので早めに受診するようにしましょう。

まとめ

粉瘤は放っておくと大きくなったり痛くなったりして日常生活に支障をきたすことが多いので、気づいたら早めに病院を受診しましょう。

スポンサーリンク