キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア

デリケートゾーンの毛を剃ったらチクチクする

こんな経験をした人も多いのではないでしょうか?

ここでは「デリケートゾーンの正しい剃り方」「剃った後の剃刀負け対策」についてご紹介します。

スポンサーリンク

デリケートゾーン剃るとなぜチクチクするの?

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

デリケートゾーンの陰毛をカミソリで剃ると、毛先が鋭角に剃られてしまいます。

その為、先の尖った毛先が肌を刺激してチクチクしてしまいます。

デリケートゾーンの正しい剃り方は?

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア

アンダーヘアの正しい剃り方は次の通りです。

(用意するもの)

● シェービングクリーム(ジェル、フォーム)

● 手鏡(置いて立つタイプのものが便利)

● 電動シェーバー or カミソリ

シェーバーとカミソリをどちらを使うかはお好みですが、肌を傷つけにくいのは電気シェーバー!

エステでも顔用の電気シェーバーを使っていますし、敏感なデリケートゾーンにも優しい(○´v`人)

見えない部分の毛もしっかり拾って剃ってくれますし、手入れも楽になりますよ♪

ただ、毛が太い人は電気シェーバーだと長さが少し残ってしまう場合があります。

完璧に剃ってハイジニーナにしたい人は、最初は電気シェーバーで短くして、その後カミソリで仕上げると良いでしょう。

カミソリも顔用(眉用)やvio用を使うと肌へのダメージを最小限に抑えることができます。

では早速、パーツ別に剃り方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

Vラインの剃り方

1. シェービングクリームを剃りたい部分に塗ります

2. 剃る前に整えたい形を決めます

3. 形が決まったら、「上から下」に向かって剃っていきます

 ※下から上に剃ると、肌を傷つけてしまうので気をつけましょう

 ※少しずつ剃って形を小さくしていくと失敗を防げます

4. Vラインの横側は、開脚して平面を作り、左右交互に調整しながら剃っていきます

5.最後にシェーバーで毛全体をなぞって薄さを調整します

 ※脱毛サロンでは最初の数回はVライン全部剃って施術を受ける人が多いです

Iラインの剃り方

1. シェービングクリームを剃りたい部分に塗ります

2. 座って脚を開脚し、正面に鏡を置きます

3.「上から下」に向かって剃っていきます

 ※下から上に剃ると、肌を傷つけてしまうので気をつけましょう

 ※シェーバーは毛がひっかかることもあるので注意してください

 ※粘膜の部分なので慎重に行ってください

4.ハイジニーナにする場合は、VIO用の剃刀で剃って仕上げます

Oラインの剃り方

1. シェービングクリームを剃りたい部分に塗ります

2. 座って脚を開脚し、正面に鏡を置きます

3. 後ろから前に向かって剃ります

 ※後ろの方も、前から手をくぐらせて剃りましょう

 ※角度的に一番剃りにくい場所なので、剃り残しに注意しましょう

Oラインについては、見える部分に限界があり、自分で剃るのはかなり難しいです。

Oラインに関しては、エステやクリニックに任せる方がおすすめです。

ちゃんと確認しながら、しっかり脱毛してもらった方が安全ですし、仕上がりもキレイですよ☆



剃った後の剃刀負け対策について

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア

アンダーヘアがすっきりしても、剃った後がヒリヒリしていたり、かゆくなったら嫌ですよね?

ここでは、デリケートゾーンを剃刀で処理する際に気をつけたい「剃刀負けの予防と対策」についてみていきましょう。

剃刀負けの予防方法

● カミソリは100均のものではなく、3~4枚刃の女性用カミソリを使用する

● 始めて処理する時は、ハサミである程度長さをカットした後に処理する

● 処理する前はシェービングクリームなどで毛を柔らかくしておく

● シェービングフォームは低刺激性のものを用意する

● 同じ個所を何度も剃らないようにする

● 処理部分の周りにある皮膚を抑えて、皮膚がカミソリにひっぱられないようにする

● 粘膜以外の皮膚の部分を乳液やボディクリームなどで保湿する

剃刀負けになってしまったら?

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア

Vラインなど、陰部の皮膚部分が剃刀負けした時は、大塚製薬が販売するオロナインがおすすめです。

実際にVラインの剃刀負けにあった人にも効果があったという口コミが多いです。

また、赤み・ボツボツ・かゆみがでた時は、ケアレケアも役に立ちます。

ケアレケアは、ムヒで有名な池田模範堂から出ている「ムダ毛処理後のケア」に特化した市販薬。

赤み・ボツボツ・かゆみを抑えてくれるだけでなく、皮膚組織を修復してくれる作用も!

まとめ

デリケートゾーンは文字通りとっても敏感な場所です。

処理する前にシェービングクリームを使ったり、鏡を利用してゆっくり丁寧に処理することを心がけましょう。

また、剃刀負けにならないよう、脱毛アイテムも顔用やVIO用を使うようにし、処理後のケアもしっかり行いましょう。

スポンサーリンク