キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

デリケートゾーンの汗や蒸れが気になっている人も多いのではないでしょうか?

陰部の汗を放っておくと、蒸れてかゆみや臭いにもつながってしまいます。

ここでは、汗をかく原因デリケートゾーンの汗対策についてみていきましょう。

スポンサーリンク

なぜデリケートゾーンに多く汗をかくの?

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

陰部には脇と同じようにエクリン腺、アポクリン腺という2つの汗腺があり、もともととても汗をかきやすい場所だといわれています。

また、デリケートゾーンは入り組んだ構造をしていて、ショーツやストッキングなどで覆われているため通気もよくありません。

さらに、生理中はナプキンを使うので、さらに蒸れやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

汗をかくとなぜ臭いやかゆみが出てくるの?

陰部にあるエクリン腺、アポクリン腺という2つの汗腺から出た汗に恥垢(ちこう)と呼ばれるオリモノなどの分泌物や雑菌がつくと強い臭いが出てきます。

エクリン腺はニオイのないサラッとした汗をだすのですが、皮脂や細菌が混ざると臭いが生じてしまいます。

また、湿気などで雑菌が繁殖すると皮膚を刺激してかゆみを引き起こす事もあります。

特に、敏感肌やアレルギー体質の人は刺激に敏感に反応するので、デリケートゾーンにかゆみが起こりやすいといわれています。

デリケートゾーンの汗対策について

臭いやかゆみを引き起こすデリケートゾーンの汗ですが、次の様な方法で対策をしていくことができます。

● 締め付けすぎない下着を着用する

● ナプキンやおりものシートをこまめに交換する

● デリケートゾーン専用の石鹸で優しく洗いでよく洗い流す

● 陰部を洗った後、よく拭き取り乾かす

>>【恥垢・かゆみ・臭いケア】デリケートゾーンのお湯での洗い方

また、汗以外にも疲れやストレス、寝不足、過労などによっても臭いやかゆみがでることがあるので、普段から規則正しい生活を心がけましょう。

正しい外陰部のケアを行い、それでもトラブルが発生したり、改善しないようであれば早めにクリニックを受診するようにしましょう。

まとめ

デリケートゾーンの汗をきれいに処理することでニオイやかゆみを防ぐことができます。

汗をかきやすい夏場は特に意識して汗対策をしていきましょう。

スポンサーリンク