キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

痛いと思って見てみたら、デリケートゾーンが腫れてる

デリケートゾーンが赤く腫れてかゆみもある

おまたがかゆい・痛いと思って見てみたら、デリケートゾーンが腫れていたという人も多いのではないでしょうか?

ここでは「デリケートゾーンの腫れ・かゆみ・膿の原因と対処法」をみていきたいと思います。

スポンサーリンク

デリケートゾーンの腫れ・かゆみ・膿の原因は?

デリケートゾーンが腫れている場合は、次のような病気が考えられます。

バルトリン腺嚢腫・バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍

バルトリン腺は、性交時に潤滑油の働きをする粘膜を分泌する器官です。

分泌液を排泄する部分が膣の入口の左右にあるのですが、この開口部に細菌が感染や化膿して赤く腫れた状態を「バルトリン腺炎」といいます。

バルトリン腺炎が起こると出口が閉まって、分泌液をスムーズに排泄できなくなります。

その結果、粘液が溜まって嚢胞(のうほう)ができ、これを「バルトリン腺嚢腫」といいます。

バルトリン腺嚢腫は、放置すると徐々に大きくなって小指の先くらいから鶏卵大のしこりになります。

嚢胞内で細菌が繁殖すると、内部の液は膿となり、皮膚も真っ赤に腫れ上がります。

この状態を「バルトリン腺膿瘍」といいます。

バルトリン腺嚢腫・バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍の原因

原因菌の多くは大腸菌や連鎖球菌やブドウ球菌などの一般化膿菌ですが、性感染症の淋菌によってもおこります。

性感染症として知られている、真菌(カンジダ)やトリコモナスでは起こりません。

バルトリン腺嚢腫・バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍の症状

膣の入口の一部が赤く玉の様に腫れ、熱を感じたり痛みが出たりします。

痛みは圧迫されると強くなり、腫れが大きくなると歩いたり座ったりするのが困難になることもあります。

また、粘液が滞っているだけだとしこりに触れても痛みはほとんどありませんが、細菌感染してバルトリン腺膿瘍になると、しこりは急速に増大して発熱したり激しい痛みを感じたりします。

バルトリン腺嚢腫、バルトリン腺炎、バルトリン腺膿瘍の対処法

バルトリン腺炎は、早期で症状が軽ければ、原因菌に対する抗生物質と消炎剤の服用で治ります。

膿が溜まっている場合は、注射器で吸い出すか切開してしぼり出すなどの処置をしてから抗生物質で細菌を死滅させます。

この病気は一度治療しても再発を繰り返すことが多いので、早期にきちんと処置しておくことが大切です。

>>【外陰ガンの可能性も!】デリケートゾーンのできもの・しこり

スポンサーリンク

カンジダ膣炎

カンジダ膣炎の原因

体力の低下や免疫力の低下、妊娠、抗生物質の服用が原因で、膣内の常在菌である「カンジダ」という真菌(カビ)が異常に増えることで起きます。

カンジダ膣炎の症状

おりものがヨーグルト状やポソポソした酒かすの様になり、色も白色や黄緑色に変化します。

外陰部の炎症がひどくなると、痒みだけでなくヒリヒリした痛みを伴うこともあります。

男性の場合は、カンジダに感染しても皮膚炎を起こすだけですが、ひどくなると痒みが出たり皮膚が赤くなったりして「インキンタムシ」の状態になることもあります。

カンジダ膣炎の対処法

膣内をよく洗浄し、カンジダ真菌を抑える「抗真菌薬」の膣剤を膣の中に入れて治療します。

>>【これって病気?】デリケートゾーンのかゆみの原因と対処法

>>【誰にも聞けない】デリケートゾーンのにおいの原因と対策

トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎の原因

トリコモナス原虫の寄生によって起こる感染症で、約1~2週間で発症します。

感染を放置すると炎症が卵管にまで及び、不妊の原因や流産・早産の原因になる恐れがあるので早めの治療が必要です。

通常の性行為によって感染し、また水中では長時間感染性があるため、濡れたタオルやトイレの便座、浴槽などでも感染することがあります。

トリコモナス膣炎の症状

泡状の臭い黄緑色の膿ようなおりものが増え、性交痛や外陰部・膣のかゆみなどの症状がみられます。

男性の場合はほとんど無症状ですが、軽い排尿時痛がある場合もあります。

トリコモナス膣炎の対処法

抗トリコモナス剤の飲み薬を7日間ほど服用し、同時に膣に入れる膣剤でもケアしていきます。

投薬によってトリコモナス原虫が消失すると、膣内の自浄作用が回復し、さまざまな症状が改善されます。

薬の服用中にお酒を飲むとアルコール中毒の症状が出ることがあるため、治療中の飲酒は注意しましょう。

>>【89%は感染症】生理前に多いデリケートゾーンの違和感の原因

まとめ

デリケートの腫れ物には様々な可能性がありますが、市販薬で治そうとしてオロナインなどの薬を使うと、かえって悪化することもあります。

陰部の腫れに気づいたら、自己判断せずにすぐに病院でみてもらいましょう。

>>【オロナインはNG】デリケートゾーンの痛み・腫れ・かゆみに効く薬

スポンサーリンク