キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア

デリケートゾーンの白髪をどうにかしたい!

こんなデリケートゾーンの白髪で悩んでいる人って結構多いんですよね。

デリケートゾーンは髪の毛の次に白髪になりやすい場所だといわれていて、抜いても抜いても同じ所に生えてきてしまいます。

大事な時に彼が萎えてしまった!

そうならない為にも、デリケートゾーンの白髪はどうにかしたいもの。

ここでは、そんなデリケートゾーンの白髪の脱毛方法白髪染めについてみていきましょう。

「愛されるカラダになりたい!」という人は下記をクリック♡↓ キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア
スポンサーリンク

デリケートゾーンの白髪を脱毛する方法

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア

デリケートゾーンの白髪を脱毛する方法と聞くと、エステや皮膚科でのレーザー脱毛を想像する人も多いのではないでしょうか?

でも、通常、エステや皮膚科では、白髪は脱毛できません。

エステやクリニックでの脱毛は、毛根の黒い色(メラニン色素)に光やレーザーをあてて処理する方法が多く、白髪には反応せず効果がありません。

じゃあ、諦めなくてはいけないのかというとそうではありません。

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア

エステにも唯一デリケートゾーンの白髪を脱毛する方法があり、電気脱毛 (スーパー脱毛)という方法を使えば、白髪を永久脱毛することができます。

デリケートゾーン以外にも、眉毛やヒゲの白髪、陰毛に生えてきた白髪、色素の薄いうぶ毛などにもOK!

ただ、この電気脱毛(スーパー脱毛)ができるエステや脱毛サロンは、業界最大手のTBCだけになっています。

>>TBCのおトクな脱毛体験はこちら

この脱毛を行うには高い技術が必要になるので、小規模のエステはもちろん、その他の大手エステでもやっていないのが理由です。

TBCは初めての人への特典が多く、1,000円(税込)で脱毛を受けられるキャンペーンもあるので、初心者でも安心して試せます。

自分ではどうにもならないデリケートゾーンの白髪を永久脱毛でき、安心してプライベートタイムを過ごせるなら1,000円は安いですよね?

両ワキ脱毛

電気脱毛のデメリットをあげるとすれば、処理する時に少しだけ痛いこと。

陰毛などのデリケートゾーンは、わき毛などの脱毛に比べて痛みを感じやすい部分なので、きっちり処理するとなると仕方がないのかもしれませんね。

また、1本1本処理していくので、脱毛したい白髪の本数が多いと時間と料金がかかる場合があります。

ただ、デリケートゾーンの白髪の本数はそれほど多くないケースがほとんど。

数本~数十本なら、10分~1時間以内で処理が終わり、1回だけの施術で処理した部分の永久脱毛が完了します。

まずは、デリケートゾーンの白髪を脱毛したい人はTBCのカウンセラーに気軽に相談してみましょう。

>>TBCのおトクな脱毛体験はこちら

スポンサーリンク

デリケートゾーンの白髪染め方法について

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア

白髪は1本ずつ処理していてもきりがないので、デリケートゾーンの白髪を全体的に白髪染めで染めてしまう人も多いようです。

男性でも女性でも陰毛に頭髪用の白髪染めを使う方が多いのですが、頭髪用の白髪染めは成分が強いものが多いので注意が必要です。

デリケートゾーンの白髪染めを選ぶポイントは3つ。

● 肌や毛に優しい成分配合

● 毛の内部までしっかり染まる

● 液ダレがない

デリケートゾーンは文字通り、とっても敏感な部分。

この部分に触れても優しい成分を配合しているのは大前提です。

また、何度も染める必要のないように、深部までしっかり染めてくれるものを選ぶことも大切。

液ダレがあると、粘膜部分に触れてしむることがあるので液ダレがないものを選ぶようにしましょう。

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

これらの点でおすすめなのが「シーエッセンスカラーフォーム」。

値段は安くありませんが、しっかり染まります。

泡が毛に留まるので、皮膚に垂れてくる心配もいりません。

色落ちしにくく、染めた後の毛はしっとりサラサラ。

染めまるまでの時間も早く、色ムラもできません。

手っ取り早く、デリケートゾーンの白髪を染めたいという人におすすめです。

>>たった1回で染まる白髪染め【シーエッセンスカラーフォーム】



まとめ

デリケートゾーンの白髪は、髪の白髪と同じく老けた印象を与えます。

女性はいつまでたっても少女のように若くキレイでいたいもの。

彼との時間を思い切って楽しめるよう、デリケートゾーンの白髪は早めにケアしましょう。

「愛されるカラダになりたい!」という人は下記をクリック♡↓ キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア
スポンサーリンク