2016y04m22d_003929183

デリケートゾーンが黒ずんでいて気になる

そんな方も多いのではないでしょうか?

そんな時は、肌を保湿してターンオーバーを整え、黒ずみを解消していきましょう。

ここではデリケートゾーンに使う化粧水の選び方おすすめの美白化粧水についてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

デリケートゾーンの化粧水を選ぶときのポイント

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

デリケートゾーンの角質層は顔よりも薄く、顔の皮膚の半分くらいしかありません。

そんなに薄く敏感な肌にも関わらず、トイレットペーパーで拭かれて傷つき、下着やストッキングの摩擦や蒸れでダメージを受けています。

また、年齢が上がると肌が乾燥しやすくなりますが、デリケートゾーンもドライになってきます。

乾燥すると角質層に隙間ができて肌のバリア機能が弱くなり、炎症やかゆみなどのトラブルが発生します。

そんなデリケートゾーンには、保湿力が高く成分が肌に優しい化粧水を選びましょう。

水分保持力の低いデリケートゾーンに潤いを与えることで肌が生き返りますし、刺激の少ない化粧品を使うことによって肌への負担を減らすことができます。

スポンサーリンク

アンダーヘアの脱毛をしている人は特に保湿が大切!

最近はクリニックなどでもアンダーヘアの脱毛をする女性が増えてきていますが、脱毛後は特に保湿ケアが重要になってきます。

脱毛後は、肌が敏感になっているため潤いをしっかり与えてバリア機能を高めてあげる必要があります。

脱毛サロンだけでなく、自宅で脱毛や除毛をする際にも保湿ケアはしっかりしましょう。

ちなみに、アンダーヘアの永久脱毛として人気のあるアリシアクリニックは医療機関だけあって、脱毛後のお肌の手入れも丁寧に説明してくれます。

VIOをキレイに脱毛したい人だけでなく、黒ずみのない透明感あふれるアンダーパーツを目指す人にはおすすめですよ☆

デリケートゾーンにおすすめの美白化粧水

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

美白化粧水と聞くと美白効果が高いことで有名な「ハイドロキノン」を想像してしまいますが、肌の漂白剤と呼ばれるだけあって、デリケートゾーンには少々刺激が強すぎます。

肌に炎症が起こると、それ自体が黒ずみの原因になってしまうのであまりおすすめできません。

目的は黒ずみを解消することであって肌を白くすることではありませんので、デリケートゾーン専用の化粧品を使って肌を潤し、ターンオーバーを整えていった方が良いでしょう。

その点でおすすめなのが「ヴィエルホワイト」という陰部の黒ずみ対策エッセンスです。

こちらは美容液ですが使い心地がサラッとしていてほぼ化粧水です。

陰部の黒ずみケアに特化した「黒ずみ解消美容液」だけあって、口コミの通り肌が明るくなるのが早いです。

陰部の黒ずみだけでなく乳首や脇の黒ずみにも使えるのも人気の理由ですね☆

>>ビキニライン・デリケートゾーン黒ずみケア薬用エッセンス【VL WHITE】



まとめ

デリケートゾーンは普段目に付きにくいところだけに放っておいてしまいますが、普段からケアをしていないとイザといった時に恥ずかしい思いをしてしまいます。

女性のエチケットとしてもデリケートゾーンはキレイにしていきたいですし、黒ずみが解消されることで体に自身が持てて積極的になれたりもします。

アンダーパーツがキレイになると下着選びも楽しくなりますし、女子度もグッと上がるのでモテるようになるかもしれませんよ☆

スポンサーリンク