キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア

あそこが黒い。。

女性の中には「あそこの色」が黒いという事で悩んでいる人も多いと思います。

特にあそこが黒いびらびらで「可愛らしいピンクにする方法はないの?!」と思っている人も多いはず。

今回は、アソコが黒いという悩みを持つ人に、「アソコが黒い原因」と「あそこをピンクに近づける方法」をご紹介します。

彼処の黒ずみをキレイな色にしていきましょう☆

「愛されるカラダになりたい!」という人は下記をクリック♡↓ キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア
スポンサーリンク

アソコが黒い原因は?

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

あそこ黒いと、不潔な感じがしますし、経験が多いというイメージがありますよね?

実際は、アソコの黒さと不潔さや経験の数は関係がないのですが、女性としてはやはり気になりますよね?

股のvio部分で黒ずみになりやすいのは次の3つだと言われています。

▲ 大陰唇
▲ 小陰唇
▲ お尻

特にびらびらのヒダある「小陰唇」が黒いと悩む女性が多いようです。

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

このビラビラの黒ずみの主な原因は次の通り。

◇ メラニンによる色素沈着
◇ ホルモンバランスの乱れ
◇ 加齢による肌のターンオーバーの乱れ
◇ 摩擦や炎症による皮膚へのダメージ

陰部は加齢やホルモンバランスの乱れによってメラニンが沈着すると、顔にできるシミの様に黒ずみが目立つようになります。

また、下着による摩擦や炎症により皮膚がダメージを受けたり、化学繊維を使った下着や体に密着する服によって摩擦を受けると黒ずみが出始めます。

さらに、ナプキンによるかぶれや炎症が起こると、肌の機能が衰えてターンオーバーが乱れ、黒ずみにつながってしまいます。

スポンサーリンク

あそこをピンクに近づける方法

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

あそこをピンクに近づける方法には次の4つの方法があります。

クリームで美白ケアする

美容皮膚科などのクリニックでは、メラニンの合成を抑えるハイドロキノンやレチノイン酸配合クリームを処方してくれる所があります。

これらを塗って美白ケアするのが一番手軽な方法になります。

ケミカルピーリング

クリニックでケミカルピーリングを受けることにより、黒ずみを取り除くことができます。

ケミカルピーリングの場合、皮膚のざらつきも取り除くことができるので、スベスベの肌に近づけることができます。

レーザー

レーザー光線を皮膚の深部、真皮内に到達させ、メラニン色素を破壊することにより黒ずみを消していく方法です。

長い歳月をかけてできた黒ずみは一度の施術ですべてのメラニン色素を破壊するのは難しいため、何度か施術を繰り返すことが必要です。

小陰唇の手術

速効性のあるケアを求める人には、小陰唇の手術といった方法もあります。

比較的、短時間で黒ずみ部分を切除する手術ができるので、早く確実に黒ずみを解消したいという人には良いでしょう。

小陰唇を小さくすることで、摩擦による刺激を減らすことができるというメリットも!

スポンサーリンク

デリケートゾーンの黒ずみにニベアはOK?

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

股の黒ずみにニベアを使う人もいると思いますが、黒ずみに対する効果は微妙です。

ニベアには保湿効果があるので、確かに肌が潤い透明度が上がった様に見えますが、黒ずみが解消される訳ではありません。

ニベアは保湿効果が高いので肌のターンオーバーは確かに整います。

ターンオーバーが整い、古い角質が溜まりににくくなるので将来的な黒ずみ予防にはなると思います。

でも、できてしまった黒ずみは薄くなりません。

ニベアには色素沈着(黒ずみ)を改善する為に必要な美白成分が含まれてないのですが、これが効かない理由なのかもしれませんね。

>>【関連記事】ニベアをデリケートゾーンの黒ずみに使った感想

まとめ

あそこが黒いとなんだかスッキリしませんよね?

それはパートナーも同じ。

やはりりピンクの方が女性らしくて可愛く見えます。

あそこの黒ずみをなくしたいという人は、美白ケアクリームやクリニックでの治療も検討してみるといいかもしれませんね。

「愛されるカラダになりたい!」という人は下記をクリック♡↓ キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア