ニキビや肌荒れの治療に使われることの多いゲンタシンですが、デリケートゾーンにも使えるのか知りたい人も多いのではないでしょうか?

今回はそんなゲンタシンがデリケートゾーンのかゆみやできもの、傷などに使えるかどうかについてお伝えします。

「愛されるカラダになりたい!」という人は下記をクリック♡↓ キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア
スポンサーリンク

デリケートゾーンにゲンタシンは使えるの?

ゲンタシン軟膏は抗生物質の入った細菌を殺菌する塗り薬です。

主成分はアミノグルコジド系の抗生物質で、化膿性の皮膚病に用いられます。

炎症やかゆみを抑えるステロイドが配合されておらず、ステロイド配合のリンデロンなどに比べると消炎作用は控えめですが、ステロイドなどの副作用を気にせずに使えるというメリットもあります。

カンジダ真菌やヘルペスなどに感染した場合に処方薬として処方されることもあり、デリケートゾーンに対しても使われています。

ただ、塗る場所や症状によっては悪化する可能性もあるので、自己判断で用いる前に病院で主治医に相談してから使うようにしましょう。

また、市販で購入したゲンタシンの場合、成分が強すぎることもあるので、こちらも病院の先生に相談し、症状と併せて判断してもらってから使うことをおすすめします。

スポンサーリンク

デリケートゾーンのかゆみもゲンタシンで治るの?

ゲンタシンはあくまでも抗生物質の軟膏です。

抗ヒスタミン剤とは違い、かゆみ自体を抑える効果がないので、蒸れや繊維の刺激による陰部のかゆみを改善するのにはあまり効果がないとといわれています。

症状によっては症状を改善するために他の外用剤を用いる必要があるので、かゆみがある場合も専門医に一度見てもらいましょう。

例えばカンジダ膣炎の場合はリンデロン-Vクリームという外用剤も一緒に出されます。

リンデロン-Vクリームは、合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)で、炎症による皮膚のかゆみや赤み、腫れなどの症状を改善するのに役立ちます。

一方、バルトリン腺炎などの、細菌性の炎症によるかゆみやただれには効果を発揮することもあります。

これは、ゲンタシン軟膏を塗ることで細菌の繁殖が防がれて状態が改善してかゆみやただれが治まりやすくなるためです。

スポンサーリンク

デリケートゾーンの傷もゲンタシンで治るの?

ゲンタシンには化膿していたり、化膿しそうな状態の傷にすることで患部で細菌の繁殖を防ぐことができます。

患部が化膿することなく治るので傷跡が残るのも防ぐことができます。

まとめ

ゲンタシンはカンジダ真菌などの処方薬として病院から処方されることもあります。

ただ、それは医師の診断の後に出されたもので、あくまでもその時の処方として使われるべき薬です。

これから市販でゲンタシンを購入して使用しようと考えている人や以前処方されたゲンタシンを今のかゆみやできもの、傷に使おうと考えている場合は再度お医者さんに診断してもらってから使うようにしましょう。

「愛されるカラダになりたい!」という人は下記をクリック♡↓ キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア