キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

アトピーでデリケートゾーンのかゆみがつらい

そんな悩みを持っている人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな「デリケートゾーンのアトピー性皮膚炎のかゆみ・黒ずみケア方法」をみていきましょう。
「愛されるカラダになりたい!」という人は下記をクリック♡↓ キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア

スポンサーリンク

デリケートゾーンにアトピー性皮膚炎が出る原因は?

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

デリケートゾーンは他の皮膚と同様に、陰部もアトピー性皮膚炎になることがあります。

特に、外陰部(がいいんぶ)はその構造と場所から、アトピー性皮膚炎になりやすいといわれています。

そして、次の事がアトピー性皮膚炎を引き起こす原因になります。

● 下着による摩擦

● 性行為による摩擦

● 膣液や精液の刺激

● ボディーソープによる刺激

● 下着や生理用品による蒸れ

● 生理中のナプキンによるかぶれ

陰部が刺激を受けたり、蒸れて雑菌が溜まるようになると、皮膚のバリア機能が低下してアトピーが出やすくなります。

症状としては、強いかゆみを感じたり、肌が熱を持って火照った状態になったり、乾燥したりることが多いといわれています。

また、皮膚のバリア機能が低下するとカンジダ症を併発する場合もあります。

陰部にアトピー性皮膚炎とカンジタ症が同時に発生してしまうと、アトピーにはステロイドが効果的なのに対し、ステロイドによってカンジダの症状が悪化してしまうため使い方が非常に難しくなります。

陰部にアトピー性皮膚炎とカンジタ症を併発してしまった場合は、早めに女性は婦人科、男性は泌尿器科を受診しましょう。

関連記事:【これって病気?】デリケートゾーンのかゆみの原因と対処法

関連記事:【女性の20%が経験する】デリケートゾーンのかゆみと皮むけ

関連記事:デリケートゾーンの粘膜の脱毛・黒ずみ・かゆみ・ニキビケア方法

関連記事:【腫れて痛い】デリケートゾーンの腫れ・かゆみ・膿の原因とケア

スポンサーリンク

デリケートゾーンのアトピー性皮膚炎のかゆみをケアする方法

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

外陰部がアトピー性皮膚炎になってしまうと、とにかくかゆいですよね?

生理中や夜寝る時はとにかくかゆみを強く感じます。

だからといって、掻きむしると症状が悪化し、酷くなると陰部の皮膚がボロボロ落ちて下着についたり、体液が出てくることもあるので注意が必要です。

アトピーでデリケートゾーンがかゆくなった場合は、次の方法で症状を緩和できるといわれています。

● 冷たいタオルを当ててかゆい部分を冷やす

● かゆみが治まるまで性行為を控える

● 生理中は布ナプキンを使う

● 下着を綿やシルク素材のものに替える

● ゆったりめの締め付けない下着やズボンを履く

● お風呂の後に皮膚科で処方された薬(クリーム)を塗る

● 石鹸で陰部をゴシゴシ洗うのを止め、撫でるようにぬるま湯で優しく洗う

● バランスのとれた食事と十分な睡眠を心がける

● 趣味や運動などによって、ストレスを適度に発散する

アトピーの原因はまだはっきりとは分かっていないので、これをすれば治るという方法はありません。

ただ、規則正しい生活を心がけて、陰部にかかる刺激や負担を軽減することで症状が和らぐ場合もあります。

デリケートゾーンのアトピー性皮膚炎によって黒ずみが生じる原因は?

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

アトピー性皮膚炎の場合、肌が非常に乾燥しています。

乾燥していると皮膚のバリア機能が弱まり、外敵が内部に入りやすくなります。

この外敵に対して敏感に反応してしまい、肌が痒くなってしまいます。

肌がかゆくなると掻きむしってしまいまうので、肌がさらにダメージを受けて乾燥してしまいます。

この様に、乾燥とかゆみによってどんどん負のスパイラルに陥ってしまうアトピーですが、繰り返し刺激を受けていると色素沈着を起こしてしまいます。

アトピーになっている時点で肌が乾燥しているので、ターンオーバー(肌再生)も上手くいかず、黒ずみの範囲と色がどんどん悪化してしまいます。

関連記事:【VIOの黒ずみ対策に!】デリケートゾーンの美白化粧水

関連記事:デリケートゾーンの粘膜の脱毛・黒ずみ・かゆみ・ニキビケア方法

デリケートゾーンのアトピー性皮膚炎の黒ずみをケアする方法

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

デリケートゾーンの黒ずみを解消するためには保湿をすることが何よりも大切です。

乾燥でゴワゴワになった肌に潤いを与えることで、徐々にバリア機能が回復し、外敵に対してもかゆみを感じにくくなります。

また、肌に十分な水分と栄養が行き届くことで、肌のターンオーバーも正常に働くようになり、色素沈着を引き起こすメラニン色素も落ちやすくなります。

この様に、肌を保湿することで、肌自体が強くなり、かゆみが軽減され、黒ずみも解消されていきます。

ただ、デリケートゾーンは文字通り非常に敏感な部分なので、保湿や美白する際は「薬用イビサクリーム」など、デリケートゾーン専用に作られたクリームを使用するようにしましょう。

>>デリケートゾーン専用【薬用イビサクリーム】

まとめ

陰部のアトピー性皮膚炎は、場所が場所だけに人に相談しにくいですし、病院も受診しずらいですよね?

でも、放っておくと症状が悪化し、もっと辛い思いをしてしまいます。

陰部のかゆみを感じた場合は、まずは病院でみてもらいましょう。

また、黒ずみについては、専用のスキンケアアイテムできちんとケアするようにしましょう。

スポンサーリンク