デリケートゾーン埋没毛が!デリケートゾーン脱毛後の埋没毛処理

デリケートゾーンを脱毛したら埋没毛ができた。。

こんな経験のある方もいるのではないでしょうか?

今回はデリケートゾーンの埋没毛の処理についてお伝えします☆

「愛されるカラダになりたい!」という人は下記をクリック♡↓ キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア
スポンサーリンク

デリケートゾーンの埋没毛はどう処理する?

デリケートゾーン埋没毛が!デリケートゾーン脱毛後の埋没毛処理

デリケートゾーンの埋没毛の処理方法は2つあります。

1つは肌を休めながら見守り、毛が自然に伸びるのを待つ方法です。

埋もれている毛を一刻も早く外に出したいという気持ちは分かりますが、そこはグッと我慢。

個人差はありますが、毛は1日に0.35mm伸びると言われているので、2週間くらい待てば5mm、1ヶ月経ては1cm近くの長さになります。

デリケートゾーン埋没毛が!デリケートゾーン脱毛後の埋没毛処理

ここまで伸びれば、毛が皮膚を突き破って外に出てくる可能性も高くなり、処理もしやすくなります。

急がば回れで、これが一番早くキレイに埋没毛を処理できる方法でしょう。

2つ目の方法はピーリングクリームなどで古い角質を落とす方法です。

毛が古い角質に埋もれている場合は、ピーリング後に毛がヒョッコリ出てくることがあります。

ただ、ピーリング剤は肌への刺激が強いものが多いので、お肌の状態を良く確認してから使うことをおすすめします。

スポンサーリンク

埋没毛の原因は?

デリケートゾーン埋没毛が!デリケートゾーン脱毛後の埋没毛処理

デリケートゾーンのお悩みである埋没毛ですが、そもそもどうしてできてしまうのでしょうか?

体毛は普通は皮膚の外に生えてきます。

これが毛抜きやワックス脱毛によって突然抜かれてしまったり、生え変わりのサイクルが乱れると皮膚の中に毛が埋まってしまうことがあります。

毛が皮膚の外に出られない状態で皮膚の中で成長するとブツブツし、埋没毛になります。

デリケートゾーン埋没毛が!デリケートゾーン脱毛後の埋没毛処理

毛が皮膚の中で成長するので皮膚がこんもりしたり、時にはチクチク違和感を感じることも。。

ひどい場合には数センチの長さまで皮膚の中で成長してしまうこともあります。

場合によっては、炎症や肌荒れを起こしたり、色素沈着や毛嚢炎(もうのうえん)につながることもあります。

【関連記事】デリケートゾーンの赤いできものの原因と対処法

【関連記事】デリケートゾーンのしこりはニキビ?痛い股の出来物

【関連記事】腫れ・しこり・できものを伴うデリケートゾーンの膿

【関連記事】デリケートゾーン色平均と色素沈着改善と治療

見た目をキレイに保ちながら、健康な肌をキープする為にも、毛抜きによるムダ毛処理などは極力避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

埋没毛は気になりますが、毛抜きや針などで無理やりほじくりだすと悪化することがあります。

肌を清潔に保ち、正しい方法で埋没毛に対処していきましょう。

「愛されるカラダになりたい!」という人は下記をクリック♡↓ キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア