キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

デリケートゾーンのかゆみ・かぶれに効く2大市販薬といえば「ユースキン」と「フェミニーナ軟膏」。

ユースキンの方が使い慣れているし、馴染みがあるので、こちらを使おうかなと考えている人も多いのではないでしょうか?

ここでは、デリケートゾーンのかゆみ・かぶれに使えるユースキンの種類・効果・注意点についてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

ユースキンラフレの効果と注意点

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

ユースキンラフレの基本情報

第3類医薬品 無香料・無着色 非ステロイド・低刺激性
20g 希望小売価格:780円(税抜)

デリケートゾーンのかゆみ・かぶれ専用のクリーム。

クリームは乳液のようにやわらかく、付け心地もサラッとしています。

伸びが良く、非ステロイド・低刺激性なので肌への負担も少ないです。

ただ、フェミニーナ軟膏と比べると若干の刺激があり、塗ると熱くなるような感じがする人もいるようです。

パッケージに清潔感があり、手に取りやすいのもいいですね。

【有効成分】

* クロタミトン(鎮痒成分)

* ジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン成分)

* グリチルレチン酸(抗炎症成分)

* イソプロピルメチルフェノール(抗菌成分)

* ビタミンE酢酸エステル(血行促進成分)

【保湿成分(添加物)】

* 水素添加レシチン

* オリブ油

* グリセリン

ユースキンラフレの効果

● 下着・生理用品によるムレ・かゆみ

● 汗・おりものによるかぶれ・炎症

● 引っかきによるバリア機能低下・ばい菌の繁殖・炎症

● 閉経後の陰部の乾燥

【効能】

* かゆみ 

* かぶれ 

* ただれ 

* あせも  

* 皮ふ炎

* しっしん  

* じんましん  

ユースキンラフレの注意点

ユースキンラフレは皮膚用の薬なので、外陰部(がいいんぶ)の内側にある粘膜には使えないようです。

また、カンジダ症・トリコモナス症の疑いにも効果がありません。

カンジダ症・トリコモナス症の疑いがある場合や、5~6日使用しても症状が改善しない場合は病院を受診しましょう。

いんきんたむしの疑いがある場合も、お医者様にご相談する必要があります。

スポンサーリンク

ユースキンaの効果と注意点

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

ユースキンaの基本情報

指定医薬部外品
70g 希望小売価格:830円(税抜)
120g 希望小売価格:1,240円(税抜)

「ビタミンB2」の黄色い色が特徴のユースキンa。

ひび、あかぎれ、手あれ、指先の逆むけなどに効果を発揮する、ビタミン系クリームです。

一家に1つあるというくらい昔から親しまれてきて、50年間も日本中で愛用されてきました。

【有効成分】

* ビタミンE酢酸エステル(血流改善)

* グリチルレチン酸(消炎成分)

* dl-カンフル(消炎成分)

* グリセリン(柔軟保湿成分)

【うるおい成分(添加物)】

* ヒアルロン酸ナトリウム

* ビタミンC

ユースキンaの効果

● 空気の乾燥・保湿力低下によるひび

● 気温の低下によるあかぎれ

● 水仕事などによるしもやけ

【効能】

* ひび

* あかぎれ

* しもやけ

ユースキンaの注意点

皮膚に使っていて、発疹・発赤・かゆみが生じた場合は、使用を中止し、説明書を持って医師または薬剤師に相談してください。

また、5~6日間使用しても症状が良くならない場合も、医師や薬剤師に相談しましょう。

ユースキンラフレは皮膚用の薬なので、外陰部(がいいんぶ)の内側にある粘膜には使えないようです。

ユースキンi(アイ)の効果と注意点

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

ユースキンiの基本情報

第3類医薬品 無香料・無着色 非ステロイド
65g 希望小売価格:1,000円(税抜)
110g 希望小売価格:1,400円(税抜)

寒い季節やお風呂上がり、眠る前に使えるのがこのタイプ。

水のように伸びてさっぱりとした付け心地です。

スーッと広い範囲に塗りやすいのも特長。

ベタつかないので、塗った後すぐにパジャマや衣服を着ることができます。

かゆみを素早く抑え、うるおいに満ちた肌へ導びいてくれます。

しみにくいので掻き傷があっても使えるところもいいですね。

非ステロイドなので肌への負担もありません。

【有効成分】

* クロタミトン(鎮痒成分)

* ジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン成分)

* グリチルレチン酸(抗炎症成分)

* イソプロピルメチルフェノール(抗菌成分)

* ビタミンE酢酸エステル(血行促進成分)

【保湿成分(添加物)】

* 水添大豆リン脂質

* オリブ油

* グリセリン

ユースキンiの効果

● 気温低下によるかゆみ

● 乾燥によるかゆみ・皮膚炎

● ばい菌による炎症

● 免疫力低下によるしっしん・じんましん

● 衣類などの接触によるかぶれ・ただれ

● 夏場のあせも

【効能】

* かゆみ  

* 皮ふ炎  

* しっしん  

* じんましん

* かぶれ  

* あせも  

* ただれ

ユースキンiの注意点

湿潤やただれの激しい人や、薬でアレルギーを起こしたことのある人は、使用前に医師や薬剤師に相談してください。

また、皮膚に使用した際に、発疹・発赤・かゆみ・はれ・かぶれ・乾燥感・刺激感・熱感・ヒリヒリ感が出た場合は、使用を中止して、説明書を持って病院で診てもらいましょう。

5~6日間使用しても症状が良くならない場合も、医師や薬剤師に相談しましょう。

ユースキンラフレは皮膚用の薬なので、外陰部(がいいんぶ)の内側にある粘膜には使えないようです。

ユースキンでデリケートゾーンの美白はできるの?

ユースキンで顔パックすると美白できる

ネット上ではこんな噂があるようですが、ユースキンの説明書には美白効果については記載が無いようです。

確かに美白に良いといわれるビタミンCや、肌の透明感をアップする保湿効果ヒアルロン酸も含まれているものもありますが、できてしまったシミが消えるわけではありません。

ですから、美白効果があるというよりは、肌を潤して透明感を上げるのに役立つくらいに考えておいたほうが良いでしょう。

まとめ

ユースキンはよく目にする市販薬なので安心して使えそうな気がしますよね?

ただ、用途を守らないと症状を悪化させてしまう場合もあります。

用途や使用上の注意を読んだ上で正しい使い方をしていきましょう。

▼関連記事:フェミニーナ軟膏は効果なし!?女性のデリケートゾーンの塗り薬

▼関連記事:【オロナインはOK?】デリケートゾーンのかぶれ・傷・できもの

▼関連記事:【オロナインはNG】デリケートゾーンの痛み・腫れ・かゆみに効く薬

▼関連記事:ニベア青缶がデリケートゾーンケアにNGな【3つの理由】

スポンサーリンク