キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

ヨーグルトを塗るとデリケートゾーンがピンクになる

カンジダはヨーグルトを塗ることで治療できる

こんな噂を聞いたことはありませんか?

以前、テレビで 乳首にヨーグルトの上澄み液を塗って少しおいて、 洗い流したら乳首がピンクになったというものがやっていました。

そのやり方をデリケートゾーンにも応用できるというのですが、果たして本当なのでしょうか?

今回はその真相と実際にやってみた結果についてお伝えしたいと思います。

「愛されるカラダになりたい!」という人は下記をクリック♡↓ キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア
スポンサーリンク

デリケートゾーンにヨーグルトパックして大丈夫なの?

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

ヨーグルトを大事なところに使って大丈夫なの?

デリケートゾーンのヨーグルトパックと聞いたときに、まず心配なのがこういった安全性ではないでしょうか?

色々調べてみたところ、女性の美容情報を扱う「モデルプレス」と産婦人科専門医 美容皮膚科医の上田弥生先生が監修する「ゼロスミ」というサイトで、ヨーグルトを用いたデリケートゾーンのお手入れ方法が紹介されていました。

また、医師である今井龍弥先生も「塗れば効くヨーグルト美人ケア―美肌づくりからデリケートな部分の手当てまで」という著書の中で、美白ケアとしてデリケートゾーンにヨーグルトを使う方法を紹介しています。

皮膚科医が監修して紹介するくらいなので、デリケートゾーンのスキンケアとしては問題ないようですね。

また、ヨーグルトは生乳と乳酸菌などからできていて、身体に害のある成分を含まないので身体にも優しいといわれています。

>>デリケートゾーン黒ずみ専用【薬用イビサクリーム】

デリケートゾーンの黒ずみはヨーグルトで落ちるの?

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

これは答えから言うと「YES」なようです。

ヨーグルトには、乳酸菌や乳清(ホエイ)フルーツ酸など多くのビタミン類が含まれてます。

これらの成分が高い保湿力で乾燥を防ぎ、角質を柔らかくして、新陳代謝を促進するため、デリケートゾーンの黒ずみを落としやすくなるといわれています。

特に次の2つの効果が黒ずみ解消に役立つそうです。

スポンサーリンク

フルーツ酸が古い角質を取りのぞく

ヨーグルトの上澄み、乳清(ホエイ)に含まれるフルーツ酸は、ピーリングの効果があります。

皮膚のもっとも表面にある古くなった角質層を溶かしてはがし、新陳代謝(ターンオーバー)を整える働きがあり、黒ずみ・シミ・シワなどにも有効だといわれています。

また、ヨーグルトに含まれる乳酸は、皮膚の細胞を活性化させる働きや、ピーリング後のターンオーバーを正常にする働きがあるので、黒ずみの予防に良いといわれています。

乳清(ホエイ)が美白効果を高める

ヨーグルトの上澄み液である乳清(ホエイ)には、たくさんのたんぱく質やアミノ酸・ビタミン・ミネラルガ含まれています。

これらの成分は、肌に潤いを与え、細胞を活性化する働きがあるので、肌のターンオーバーが活発になり黒ずみが落ちやすくなります。

最近では、乾燥・シミ・シワなど、黒ずみ以外の様々な肌トラブルに有効だということが分かり、アンチエイジング対策として化粧品などにも含まれています。

参照:塗れば効くヨーグルト美人ケア/開業医 今井龍弥

ヨーグルトパックに良いヨーグルトはコレ!

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

一口にヨーグルトといっても、実は2種類に分けることができます。

1つは、生乳を加熱殺菌し乳酸菌(ブルガリア菌やサーモラス菌など)を入れて発酵させたプレーンヨーグルト。

もう1つは、甘味料や果汁(果肉)の添加物を加えたソフトヨーグルトです。

デリケートゾーンのパックに使うのは、甘味料などの添加物を含まず、乳酸菌のみで発酵させたプレーンヨーグルトの方が適しているようです。

デリケートゾーンの黒ずみ部分に使用するヨーグルトは、ブルガリアヨーグルトなどのプレーンタイプ(無糖)を選ぶといいそうです。

▼関連記事:デリケートゾーンのアトピー性皮膚炎のかゆみ・黒ずみケア方法

▼関連記事:デリケートゾーンの粘膜の脱毛・黒ずみ・かゆみ・ニキビケア方法

▼関連記事:【VIOの黒ずみ対策に!】デリケートゾーンの美白化粧水

デリケートゾーンのヨーグルトパックの作り方・やり方

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

では、実際にヨーグルトパックを作ってみましょう。

ヨーグルトパックの作り方

(用意するもの)

・ヨーグルト(プレーンタイプ) 大さじ3

・ティッュペーパー 2枚

(作り方・やり方)

1.ヨーグルト(大さじ1)をティッュペーパー(2枚)の上にのせて伸ばします

 ※VラインIラインとも行う場合は、これを3つ作ります

2.1をデリケートゾーンの黒ずみが気になる部分にのせ、5分程度放置します。

3.最後に優しく洗い流して終わり

ヨーグルトパックの注意点

ヨーグルトは、乳製品なのでアレルギーを持っている人には合わない場合があります。

ヨーグルトを腕の内側につけるなどして、パッチテストを行ってから使いようにしましょう。

また、デリケートゾーンは皮膚がとっても薄いので、洗う時はゴシゴシ洗わず、撫でるように優しく洗うようにしましょう。

ちなみに、デリケートゾーンのヨーグルトパックは、小麦粉を混ぜて作る方法が多く紹介されていますよね?

ただ、小麦粉はパックをする上で効果があるものではなく、ヨーグルトの水分調整のために混ぜられているようです。

小麦粉はアレルギー成分の1つなので、肌が敏感な人やアレルギーが気になる人はヨーグルトのみでパックをした方が良さそうです。

デリケートゾーンのヨーグルトパックをやってみた結果

わたしもこの方法でデリケートゾーンのヨーグルトパックをやってみましたが、敏感肌なこともあってか、塗った時に陰部がムズムズとかゆくなってしまいました。

どうにか3日間続けてみたのですが、変化がよく分からず。。

しばらく日を置いて1週間続けてみましたが、やはり変化がよく分かりませんでした。

「愛されるカラダになりたい!」という人は下記をクリック♡↓ キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア

カンジダにヨーグルトを塗ることで治療できるの?

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

米国では、ヨーグルトがカンジダに効くと言われている

薬を使わないカンジダの自然治療法としてヨーグルトが使われている

こういった情報もネットでは沢山ありますよね?

調べてみたところ、なんと答えは「NO」のようです。

テキサス大学の産婦人科医であるMichele G. Curtis医師が、CNNのインタヴューで「カンジダにヨーグルトを塗ることで治療できるのか?」という質問を受けたところ次の様に答えていました。

「ヨーグルトを陰部に塗ったり、ヨーグルト自体を食べることによってカンジダが治ったり、症状が良くなるといった研究結果はない」

しかも、砂糖が含まれているヨーグルトについては、カンジダに良いどころか、カンジダを悪化させてしまう恐れもあるそうです。

やはり、カンジダになった時は、自分でどうにかするよりも、専門医に正しい薬をもらって治療した方が良さそうですね。

参照:CNN

▼関連記事:オリモノのにおいが酸っぱい!カンジダの原因・症状・治療・再発

▼関連記事:フェミニーナ軟膏は効果なし!?女性のデリケートゾーンの塗り薬

▼関連記事:【オロナインはOK?】デリケートゾーンのかぶれ・傷・できもの

▼関連記事:【オロナインはNG】デリケートゾーンの痛み・腫れ・かゆみに効く薬

まとめ

ヨーグルトパックは、もちろん個人差もあると思いますが、根気強く続けていくことが必要なのかな、と思いました。

美白効果を高めたいという人であれば、デリケートゾーンの黒ずみケア用に出されているクリームなんかの方が効率がいいかもしれません。

ですから、手軽に気長に続けたいと言う人はヨーグルトパックもいいでしょうし、できるだけ早く効果を感じたいという人は「薬用イビサクリーム」など、デリケートゾーン専用クリームを使うといいですよ。

>>デリケートゾーン黒ずみ専用【薬用イビサクリーム】