キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

デリケートゾーンが痛み、見てみたら膿が出てる

デリケートゾーンが腫れて、膿も見える

しこりやできものができて膿や血も溜まってる

女性のデリケートゾーンに多いのが「膿」の悩み。

ここでは「デリケートゾーンに膿ができる原因と治療法」についてみていきましょう。

スポンサーリンク

デリケートゾーンに膿ができる原因は?

デリケートゾーンに膿ができる原因はいくつか考えられますが、主に次のケースが多いといわれています。

バルトリン腺膿瘍

バルトリン腺膿瘍の原因

痛みを伴って腫れる場合は、バルトリン腺膿瘍であることが多いといわれています。

膣の入り口の両脇には、性交の際に粘液が出てるバルトリン腺があります。

その付近が性交の最中に擦れて傷がついたりすると、そこから大腸菌などの雑菌が侵入して、バルトリン腺の粘液の出口が炎症を起こして塞がってしまいます。

バルトリン腺は、粘液や膿が溜まっても他に出口がないので、バルトリン腺が膨らみ、真っ赤に腫れてしまいます。

腫れの部分は赤くなったり熱をもったりしていることがほとんどで、雑菌が感染して膿が溜まるので、押さえるとかなり痛みを感じます。

しこりの大きさは、最初は小指の先程度ですが、放っておくと卵くらいまで大きくなることもあります。

関連記事:【腫れて痛い】デリケートゾーンの腫れ・かゆみ・膿の原因とケア

関連記事:【癌じゃないよね!?】デリケートゾーンの黒いできものの正体

バルトリン腺膿瘍の治療法

早いうちに病院を受診すれば抗生物質を飲むだけで治療できる事もありますが、酷くなると、中に溜まっている膿を出さなければいけません。

そこまで悪化した場合は、2種類の治療法で治していくことになります。

1つは注射器で膿や粘液を吸引する方法で、もう1つは簡単な手術でバルトリン腺の出口を切開して開通させる方法です。

バルトリン腺膿瘍は一度なってしまうと繰り返し起こりやすい病気だといわれているので、きちんと治す必要があります。

バルトリン腺炎の場合は、診察や投薬治療を行ったり自然治癒したりする事もあるのですが、バルトリン腺膿瘍にまで悪化すると病院での治療が必要になります。

関連記事:【オロナインはNG】デリケートゾーンの痛み・腫れ・かゆみに効く薬

スポンサーリンク

毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎(もうのうえん)の原因

毛穴が赤く腫れてしまうことで起こる毛嚢炎ですが、足の付け根や下着のあたる部分にできやすいのが特徴です。

下着のゴムで擦れてできた傷やムダ毛の処理の時にできた小さな傷がきっかけで、毛穴に雑菌が感染して膿や血が溜まり腫れてしまうことが原因で起こります。

雑菌による感染が原因なので痛みを伴いやすく、押さえると大きなニキビが潰れる様に膿が出てくることもあります。

見た目はニキビの様ですが、アクネ菌とは別の菌が原因で起こるのでニキビとは区別されています。

関連記事:【外陰ガンの可能性も!】デリケートゾーンのできもの・しこり

毛嚢炎(もうのうえん)の治療法

症状が軽い場合は、抗生物質の飲み薬や軟膏だけで治療することができます。

しかし、酷くなってパンパンに腫れ上がっている場合は、針で穴を開けたり、小さく切開して中の膿を出す必要があります。

不潔な手で患部を触ってしまうと余計に悪化してしまうので、自分であれこれいじらずに、早めに病院を受診しましょう。

関連記事:デリケートゾーンの粘膜の脱毛・黒ずみ・かゆみ・ニキビケア方法

化膿性汗腺炎

化膿性汗腺炎の原因

アポクリン汗腺が多い部分に起こる膿を伴う病気です。

アポクリン汗腺は汗を分泌する腺の一種で、陰部・ワキ下・耳の中・乳輪などにあります。

この腺から出る汗は、フェロモンの影響を受けているので強い臭いがあります。

アポクリン汗腺で汗をかくことで、摩擦や刺激を受けやすい部分の毛穴が詰まってしまいます。

それが悪化すると、今度は黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌によって膿が溜まるようになります。

化膿性汗腺炎の治療法

一通り膿が出切ってしまうと一旦は治りますが、慢性的になると手術が必要になる場合もあります。

自己判断で薬を選んでケアすると酷くなることもあるので、治療の前に必ず専門医にみてもらいましょう。

まとめ

場所が場所だけに、できものがちょっと腫れて膿が溜まったくらいではなかなか受診する気にならないかもしれません。

しかし、悪化すると慢性化したり、手術が必要になることも多いので、膿を見つけたらきちんと診断と治療を受けましょう。

スポンサーリンク