キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

デリケートゾーンが蒸れて猛烈にかゆい!

蒸れて生臭くイカのような臭いがする

トイレやシャワー時にキリキリと鋭い痛みがある

こんな風にデリケートゾーンの蒸れによるトラブルで悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

今回は「デリケートゾーンの蒸れによる臭い・痛み・かゆみの対処法」についてみていきましょう。

スポンサーリンク

デリケートゾーンの蒸れによる臭いの対処法

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

陰部には、脇の下と同じように、エクリン腺・アポクリン腺という2つの汗腺があります。

特にアポクリン腺から出る汗は、粘り気があって、この汗に恥垢(陰部のカス)や雑菌がつくと、強いニオイを発生します。

エクリン腺はニオイのないサラッとした汗を出すのですが、皮脂や細菌が混ざると臭いにおいが出てしまいます。

また、陰部は汗だけ出なく、おりものや月経血、尿、便などがつきやすい場所でもあります。

下着に覆われて蒸れると細菌が増えますし、特に血はニオイがきつくなることが多いといわれています。

この様に、陰部は蒸れやすく匂いも発生しやすいのですが、原因を取り除くことで臭いを改善していくことができます。

まずは、通気性が良く、きつすぎない綿やシルクの下着を身に付けるようにし、きつめのパンツやズボンを避けるようにしましょう。

ストッキングについても、仕事上どうしてもしても履く必要がある時は、通気性の良い夏用のストッキングを履くことをおすすめします。

また、ナプキンやおりものシートも、見た目は汚れていないように見えても雑菌が繁殖している事もあるので、こまめに交換するようにした方が良いでしょう。

そして、デリケートゾーンの臭いケアとして一番大事になるのが、陰部をキレイに洗うこと。

陰部はお肌の中でも最も薄い部分だといわれていて、気をつけて丁寧に洗わなければいけません。

ゴシゴシ洗いすぎてしまうのはかえって逆効果になるので、デリケートゾーン専用の石鹸で優しくなでるように洗うようにしましょう。



▼関連記事:おまたがかゆい!デリケートゾーンの洗いすぎによるかゆみ対処法

▼関連記事:【恥垢・かゆみ・臭いケア】デリケートゾーンのお湯での洗い方

▼関連記事:オリモノのにおいが酸っぱい!カンジダの原因・症状・治療・再発

▼関連記事:【股間の臭い・かゆみをサッとなくす】デリケートゾーンの汗対策

スポンサーリンク

デリケートゾーンの蒸れによる痛みの対処法

デリケートゾーンの蒸れが原因で陰部が炎症を起こして痛くなる事もあります。

まずは陰部を優しく丁寧に洗い、綿やシルクのゆったりして肌に負担のかからない下着を付けるようにしましょう。

また、痛いからといって自己判断で市販薬を塗るのではなく、病院に行って症状を確認してもらいましょう。

デリケートゾーンの痛みの中には、バルトリン腺炎や外陰潰瘍(がいいんかいよう)などの病気が隠れていることがあります。

これらも、腫れて痛みを伴ったり、痛みを感じることがあるので、蒸れによる軽い炎症だと思っていても、実は治療が必要な病気にかかっていたということもあります。

痛みが酷かったり、長く続くようであれば、早めに専門医に相談しましょう。

▼関連記事:おできが痛い!デリケートゾーンおできの痛み・かゆみ・膿の薬

▼関連記事:痛み・腫れ・しこり・できもの・血を伴うデリケートゾーンの膿

▼関連記事:デリケートゾーン湿疹の痛み・かゆみ・かぶれの男女別ケア方法

デリケートゾーンの蒸れによるかゆみの対処法

デリケートゾーンのかゆみには、ムズ痒いものから強烈にかゆいものまでありますよね?

ちょっとしたかゆみなら、デリケートゾーン用のかゆみを抑える市販薬などの薬を使うのもよいでしょう。

ただ、かゆみが酷かったり、かゆみが長期間続いたり、おりものの色や臭いがおかしくなったら、カンジダなど他の病気も考えられます。

その場合は、婦人科を受診して症状を伝えましょう。

▼関連記事:フェミニーナ軟膏は効果なし!?女性のデリケートゾーンの塗り薬

▼関連記事:【股が痒いっ!】デリケートゾーンの赤いできものの原因と対処法

▼関連記事:デリケートゾーンのアトピー性皮膚炎のかゆみ・黒ずみケア方法

まとめ

陰部の構造は非常に入り込んでいて、また下着やストッキングに覆われていることが多いので通気が良くありません。

それに加えて、生理中はナプキンで陰部を覆うのでさらに蒸れやすくなりますし、蒸れる条件が揃ってしまいます。

このムレが原因で、臭いや痛み、かゆみが起こることが多いのですが、まずはデリケートゾーン専用の石鹸などで陰部を清潔に保ち、症状が長引くようであれば一度産婦人科でみてもらいましょう。

スポンサーリンク