あそこの黒ずみが気になる。。

ふとした時に見える下半身の黒ずみにドキッとして焦る女性も多いのではないでしょうか?

男性に行った調査では40%近くの男性が「デリケートゾーンの色を気にしている」と答えています。

また彼女と別れる理由の10%にデリケートゾーンの色が入っているという衝撃的な結果も!

ここでは、そんなデリケートゾーンの色の平均と色素沈着の改善・治療方法をご紹介します☆

「愛されるカラダになりたい!」という人は下記をクリック♡↓ キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア
スポンサーリンク

デリケートゾーンの色平均

では早速、デリケートゾーンの色平均(デリケートゾーン色画像)を見てみましょう。

10代

10代の頃はベージュピンク色で、どちらかというとキレイな色ですよね。

20代

20代の色はほぼピンクですが、10代の頃と比べると色が濃くなっているのが分かります。

30代

30代になるとピンクに黒が混じった様な色になり、キレイとは言い難いかもしれません。

40代

40代になるとだいぶ黒ずみが増してきますし、「キレイ」という印象を受ける色からはだいぶ遠くなりますね。

参照:http://www.soc.ucsb.edu

スポンサーリンク

デリケートゾーンの色素沈着改善方法

デリケートゾーンは皮膚が薄く、乾燥しやすい場所だといわれています。

また、下着や生理用品などの摩擦を受けやすくダメージを受ける部分でもあります。

こういった皮膚の薄さによる乾燥や摩擦が原因となり色素沈着が起こります。

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア

この色素沈着を改善するためには、クリームなどでデリケートゾーンの潤いを保つことが大切。

最近は、デリケートゾーンの色素沈着を改善・予防する専用クリームも出ているので活用しましょう。

「愛されるカラダになりたい!」という人は下記をクリック♡↓ キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア

デリケートゾーンの色素新着の治療方法

中にはデリケートゾーンの色素沈着を皮膚科で改善したいと思っている人もいますよね?

一般的にデリケートゾーンの色素沈着は美容皮膚科や美容クリニックで治療を受けることになります。

治療方法としてはレーザー治療が一般的です。

これはレーザー光線で皮膚の深部(真皮層)のメラニン色素を破壊することで黒ずみを薄くする方法。

ただ、頑固な色素沈着は一度で破壊するのは難しいといわれています。

その為、美容皮膚科や美容クリニックでの治療は10回近く通う必要があり、金額もかかります。

恥ずかしいし出来たら自分でケアしたい、できるだけ安く黒ずみをケアしたいという方はクリームを活用すると良いでしょう。

「愛されるカラダになりたい!」という人は下記をクリック♡↓ キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア

まとめ

デリケートゾーンの黒ずみは放っておくと蓄積してどんどん黒ずんでいきます。

キレイなピンク色の皮膚を手に入れて、自信を持って過ごせるよう早めにケアしましょう。

スポンサーリンク