キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

デリケートゾーンは名前の通り敏感な部分ですが、その理由は陰部の内側を覆う「粘膜」にありました。

ここでは、「デリケートゾーンの粘膜の脱毛・黒ずみ・かゆみ・ニキビケアの方法」をみていきたいと思います。

「愛されるカラダになりたい!」という人は下記をクリック♡↓ キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア
スポンサーリンク

デリケートゾーンの粘膜ってどこ?

デリケートゾーンの粘膜ってどこなのかイマイチ分からないという人もいると思います。

まずはデリケートゾーンの粘膜がどこなのかみていきましょう。

デリケートゾーンの粘膜は、下の図の青い部分を指します。

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

この部分は手で触っても分かるように、非常に柔らかい粘膜でできていますが、タンポンを入れたり、性行為などに耐えられるだけの柔軟性と強靭さがあります。

スポンサーリンク

デリケートゾーンの粘膜の黒ずみケア

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

アンダーヘアの処理をして、ふと気づくのが「あそこの黒ずみ」ではないでしょうか?

今まではアンダーヘアに隠されていて気付かなかったのに、処理をしてキレイにしたら想像以上に黒ずんでいてショックを受けますよね?

肌の色も茶色いし、ビラビラは灰色だし大丈夫なの?!と不安になってしまいます。

そんなデリケートゾーンの黒ずみですが、一番の原因は「摩擦」だといわれています。

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

股間は想像以上に色々な場所で摩擦を受け、それによりメラニン色素が沈着してしまいます。

このメラニン色素を解消するためには、肌に潤いを与えてターンオーバーをスムーズにし、黒ずんだ皮膚を落として新しい皮膚に変えてあげる必要があります。

デリケートゾーンの黒ずみを予防・対策する為には、まずは洗い方を気をつけ、できるだけ掻かないようにし、肌への負担が少ない綿やシルクの下着を着用するようにしましょう。

>>【恥垢・かゆみ・臭いケア】デリケートゾーンのお湯での洗い方

また、カミソリや毛抜きを使って行うVIOのセルフ脱毛も肌にダメージを与え、黒ずみの原因になることがあるので注意しましょう。

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

また、粘膜以外の黒ずみについては、保湿と美白ケアをすることで黒ずみを改善していくことが可能です。

保湿により肌再生を活発にし、美白成分で付いてしまった色素を薄くしてメラニン色素が溜まらない肌へと変えていくことができます。

敏感なデリケートゾーンは専用のクリームでケアしていく必要があるのですが、おすすめはデリケートゾーンの黒ずみ専用に作られた「薬用イビサクリーム」です。

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

クチコミで広がっている人気のクリームで、公式サイトを見てもらえば分かるのですが、既に多くの人がコレによって黒ずみ問題を改善しています。

伸びが良くサラッとしているので蒸れやすい陰部にも気持ちよく使うことができ、日本製なので敏感なデリケートゾーンにも安心して使えます。

また、デリケートゾーン以外に乳首やワキにも使えるので、これ1本で全身の黒ずみ対策もできちゃいます。

キレイな女性になれる【デリケートゾーンのケア方法】

わたしの友人の女性は、家に泊まりに来た時に初めてイビサクリームを使って、「これスゴイいいわ!旦那も喜びそう(笑)」と感激し、その後自分でも購入していました。

デリケートゾーンが白くなると清潔感も高まりますし、印象もグッと良くなりますよ!

>>デリケートゾーン黒ずみ専用【薬用イビサクリーム】

デリケートゾーンの粘膜のかゆみケア

デリケートゾーンの悩みとして一番多いといわれるのが「かゆみ」だといわれています。

特に外陰部は、皮膚と粘膜の境目にあり、体の中でも神経が敏感でかゆみを感じやすくなっています。

女性性器にかゆみの症状を引き起こす病気には色々な種類のものがありますが、主な原因は次のものだといわれています。

● カビの一種である真菌による感染症:

カンジダ症・白癬(はくせん)症

>>【これって病気?】デリケートゾーンのかゆみの原因と対処法

● 性行為によって感染する感染:

トリコモナス膣炎・尖圭コンジローム・ヘルペス感染症・毛じらみ症・疥癬(かいせん)

>>デリケートゾーン湿疹の痛み・かゆみ・かぶれの男女別ケア方法

● 全身的な疾患が原因で生じる感染しない病気:

接触皮膚炎・外陰萎縮症・外陰ジストロフィー・糖尿病・神経症

>>【女性の20%が経験する】デリケートゾーンのかゆみと皮むけ

デリケートゾーンのかゆみの原因は特定しにくく、自分で判断してケアするよりも、病院で検査をした方が良いでしょう。

感染症の場合、早めに治療しないと他の人に病気をうつしてしまう可能性が高くなります。

また、感染しない病気でも放置すれば進行していくものもあります。

いずれにしても、症状を悪化させる前にかゆみの原因を突きとめ、適切な治療を受けることが大切です。

デリケートゾーンの粘膜のニキビケア

顔や体にできるニキビですが、デリケートゾーンも例外ではなくニキビができます。

デリケートゾーンのニキビは、毛穴から菌が入り込むことででき、「毛嚢炎(もうのうえん)」と呼ばれています。

デリケートゾーンは下着で覆われていて、湿度も高く雑菌が近づきやすい部分でもあります。

一定の温度と湿度は菌の大好きな環境のため、ニキビができやすくなってしまいます。

出来てしまったニキビは、出来るだけ早く治療をすることが大切ですが、まずは陰部を清潔に保つことが大切!

成分の優しいデリケートゾーン専用の石鹸で優しくあらい、最後は石鹸が残らないようにしっかりと水やぬるま湯で洗い流します。

>>【外陰ガンの可能性も!】デリケートゾーンのできもの・しこり

また、下着やナプキン、おりものシートなどをこまめに換えるようにし、締め付けすぎない体に合った下着を着用しましょう。

下着は綿やシルクなど通気性の良い素材の下着がおすすめですよ☆

まとめ

デリケートゾーンは名前の通り非常に敏感な部分です。

黒ずみやかゆみ、ニキビを防ぐには、普段から陰部を清潔に保ち、専用の石鹸やクリームでケアしていくことが必要になります。

また、脱毛を行う場合も、粘膜に負担をかけず、できるだけキレイに仕上げてくれるクリニックを利用するようにしましょう。

スポンサーリンク